関連記事

アーチェリー川中香緒里選手のプロフィールとフォーム(射形)動画をまとめてみた

川中香緒里選手のプロフィール

・1991年8月3日生まれ、鳥取県出身。
・鳥取県立米子南高等学校時代にアーチェリーを始めました。
・近畿大学経営学部卒業。
・現在はミキハウスで働きつつ、競技者としての生活を続けています。現在は大阪府八尾市に本社を置く子ども服メーカーのミキハウスに所属しています。ミキハウスには加藤綾乃選手、長峰沙織選手などのアーチェリー選手が所属しており、川中選手を含めて4名が所属しています。

鳥取県琴浦町立以西小学校時代には、バレーボール部、鳥取県琴浦町立赤碕中学校時代には、ソフトテニス部に所属していました。

高校に入学してからは、弓道を始めたいと考えていたようですが、練習場所の遠さが嫌で、プレー内容が似ているアーチェリに決めたとのことです。

2014年9月に韓国の仁川で開催された、アジア競技大会では日本選手団の旗手を務める等、アスリートとしてもスポーツマンシップ溢れる一面を覗かせています。

2016年8月に開催されたリオデジャネイロオリンピックに2大会連続出場しており、国際的にも活躍の場を広げています。

身長が159cmと選手の中では小柄ですが、大盛りのラーメンをペロリと平らげる等、食事もトレーニングの一環として、日々鍛錬している姿は、生き生きとしています。

川中香緒里選手の過去の主な成績

2011年のイラン・テヘランで行われたアジア選手権では団体で金メダルを獲得しました。

2012年のロンドンオリンピックにてオリンピックに初めて出場し、女子団体で早川漣選手、蟹江美貴選手と共に3位決定戦のロシア戦に勝利し、オリンピック団体戦としては日本初の銅メダルを獲得しました。

また2016年のリオデジャネイロオリンピックにも出場し、女子団体では2大会連続のオリンピックでのメダル獲得を目指しましたが8位、個人では2回戦敗退という結果でした。

アーチェリー川中香織里選手のフォーム(射形)動画