関連記事
スポンサーリンク

アーチェリーの女子のトップ選手のプロフィールとフォーム(射形)動画をまとめてみた

アーチェリーの女子のトップ選手のプロフィールとフォーム(射形)動画をまとめてみました。

トップ選手の射形を見て、自分に足りないものを探してみましょう。

スポンサーリンク

アーチェリー蟹江美貴選手のプロフィールと射形

プロフィール

蟹江美貴は日本を代表するアーチェリー選手でしたが、2014年に現役を引退し、現在では公演活動や、高校生などの指導にあたっています。
1988年生まれで、出身は愛知県の岡崎市になります。
蟹江美貴選手は中学校の時にアーチェリーを始め高校生の時に全国高等学校総合体育大会で優勝しています。アーチェリーを始めたきっかけは、走らなくてもいいスポーツを探していたということらしいです。
高校卒業後は近畿大学に進学し、全日本学生選手権や全日本選手権個人戦で優勝するなどの活躍を見せ、2009年に日本代表に選ばれます。
代表として、2009年の世界選手権団体、アジア選手権団体で優勝しています。
アメリカのユタで行われた五輪最終予選で、団体3位となりオリンピックの出場権を獲得し、2012年のロンドンオリンピックでは女子では初となるメダルの銅メダルを団体で獲得しました。個人でも6位の成績をおさめる活躍をみせました。

●蟹江美貴選手について
蟹江美貴選手は、1988年12月4日生まれの29歳で、愛知県岡崎市の出身です。
愛知産業大学三河高等学校から近畿大学法学部へ進み、2011年にミキハウスに入社しました。
2012年にはロンドンオリンピックに日本代表として出場するなど、さまざまな大会で優れた成績を残しましたが、2014年3月にアーチェリーを引退しました。
●蟹江美貴選手の成績について
蟹江美貴選手は2009年に初めて日本代表入りを果たし、同年に行われた世界団体選手権では団体で準優勝という成績を残しました。
2012年にはロンドンオリンピックに出場し、団体女子で川中選手、早川選手と共に日本代表としては史上初の銅メダルを獲得しました。
2013年に行われた第55回日本ターゲットアーチェリー選手権大会では女子リカーブで1位、また同年に行われた第46回全日本社会人ターゲットアーチェリー選手権大会では2位という成績を収めました。

アーチェリー蟹江美貴選手のフォーム(射形)動画

アーチェリー蟹江美貴選手のプロフィール

・1988年12月4日生まれ、愛知県出身。
・愛知県岡崎市立東海中学校時代にアーチェリーを始めました。
・近畿大学法学部政策法学科卒業。
・現在は現役を引退しており、全国各地を飛び回っては、講演や高校生などの指導に励んでいます。

アーチェリーを始めたきっかけは、走る必要のなさそうなスポーツだったからという本人の考えによるものでした。
利き手が左利きで、愛知産業大学三河高等学校時代には、全国高等学校総合体育大会の団体戦にて優勝経験を持っており、この頃から既に輝かしい成績を収めていました。
近畿大学では、コーチから射撃フォームの改善を施されてから着実に力を身に付け、全日本学生選手権や全日本選手権個人戦においても優勝を果たす等、高校・大学時代ともに、活躍してきました。
また、国内の競技大会のみならず、2012年に開催されたロンドンオリンピック日本代表選手に選ばれるといった国際的にも活躍を遂げてきたのです。

川中香緒里選手のプロフィールと射形

プロフィール

・1991年8月3日生まれ、鳥取県出身。
・鳥取県立米子南高等学校時代にアーチェリーを始めました。
・近畿大学経営学部卒業。
・現在はミキハウスで働きつつ、競技者としての生活を続けています。現在は大阪府八尾市に本社を置く子ども服メーカーのミキハウスに所属しています。ミキハウスには加藤綾乃選手、長峰沙織選手などのアーチェリー選手が所属しており、川中選手を含めて4名が所属しています。

鳥取県琴浦町立以西小学校時代には、バレーボール部、鳥取県琴浦町立赤碕中学校時代には、ソフトテニス部に所属していました。

高校に入学してからは、弓道を始めたいと考えていたようですが、練習場所の遠さが嫌で、プレー内容が似ているアーチェリに決めたとのことです。

2014年9月に韓国の仁川で開催された、アジア競技大会では日本選手団の旗手を務める等、アスリートとしてもスポーツマンシップ溢れる一面を覗かせています。

2016年8月に開催されたリオデジャネイロオリンピックに2大会連続出場しており、国際的にも活躍の場を広げています。

身長が159cmと選手の中では小柄ですが、大盛りのラーメンをペロリと平らげる等、食事もトレーニングの一環として、日々鍛錬している姿は、生き生きとしています。

川中香緒里選手の過去の主な成績

2011年のイラン・テヘランで行われたアジア選手権では団体で金メダルを獲得しました。

2012年のロンドンオリンピックにてオリンピックに初めて出場し、女子団体で早川漣選手、蟹江美貴選手と共に3位決定戦のロシア戦に勝利し、オリンピック団体戦としては日本初の銅メダルを獲得しました。

また2016年のリオデジャネイロオリンピックにも出場し、女子団体では2大会連続のオリンピックでのメダル獲得を目指しましたが8位、個人では2回戦敗退という結果でした。

アーチェリー川中香織里選手のフォーム(射形)動画

アーチェリー北畠紗代子選手のプロフィール射形

プロフィール

1978年10月24日生まれの40歳

北畠紗代子は福岡県北九州市八幡西区出身の女性アーチェリー選手です。福岡県立折尾高等学校を経て近畿大学商経学部に入り卒業しています。

ミキハウスに所属しており、2000年のシドニーオリンピック、2004年アテネオリンピック、2008年北京オリンピックの代表選手です。

2000年のシドニーオリンピックでは、個人5位という成績を残しており、全日本ターゲットアーチェリー選手権では大会2位という準優勝を果たしています。

2002年、2003年の全日本アーチェリー選手権大会では1位となっています。

全日本で1位となり、2004年のアテネオリンピックにも期待が高まりますが、順位は26位となってシドニーオリンピックよりも成績を落としてしまいました。

3度目のオリンピックである北京オリンピックでは、個人では29位となりましたが、団体では8位となって入賞しました。
このような成績を残しています。

アーチェリー北畠紗代子選手のフォーム(射形)動画

アーチェリー杉本智美選手のプロフィールと射形

プロフィール

・1994年11月9日生まれ、静岡県出身
・近畿大学 経営学部経営学科スポーツマネジメントコース卒業後、ミキハウス所属となり、社会人2年目のアーチェリーの選手です。
・身長163 cm
・2015年全日本選手権で初優勝。
・2016年の第13回世界室内選手権大会/トルコ・アンカラ/リカーブ女子団体で金メダル、個人5位。
・2017年世界選手権代表。
・2018年8月に行われたアジア大会のアーチェリー・リカーブ混合で近大OBでもある古川高晴と組み決勝で北朝鮮に6―0と完勝。初採用の種目で金メダルを獲得しました。。普段よりカメラのシャッター音が大きく響き、情報があまりない北朝鮮組の視線を感じながらでも、「自分の中で落ち着いてできた」そうです。
・最大の目標は混合リカーブが正式種目入りする2020年東京五輪出場。
アジア大会で金メダル獲得でき、「日本が海外で戦えることを証明でき、20年にうまくつなげられた」と誇ったそうです。

動画は、2016年世界インドアアーチェリー選手権 トルコ(アンカラ)リカーブ女子団体 優勝戦のものです。

アーチェリー杉本智美選手のフォーム(射形)動画

アーチェリー早川浪選手のプロフィールと射形

プロフィール

どのような経歴やプロフィールとなっているのか紹介していきます。

早川浪選手は大韓民国・全州出身の日本のアーチェリー選手です。
生年月日は1984年10月6日となっています。
身長は166cmです。
全北体育高校から日本体育大学体育学部体育科を卒業しています。
妹がいますが同じアーチェリーの選手としてプレイしています。

早川浪選手は10歳からアーチェリーを始めており、一度はアーチェリーを辞めていましたが、再びアーチェリーを始めてジュニア代表として選抜されています。
その後にアーチェリー強豪校の全北体育高校に進学します。アーチェリーに励みながら、高校卒業後は、実業団に就職をしましたが、プライベートの時間が確保できない、競技漬けの生活に疑問を持ち、退職を踏み切るに至りました。

2004年に来日して2005年に日本体育大学に入学してアーチェリーを学び始めます。
2006年に日本国籍を取得し、2007年の世界室内選手権では初優勝を決めました。
同年のワールドカップで144射で1363点、70m335点の日本新記録を建てました。
2008年北京オリンピックでは個人6位、団体8位という成績を収めました。

実業団の退職後は、アーチェリーへの想いが捨てきれず、再び競技を続けることになりました。
プライベートにおいては、日本人男性を夫に持つとともに、二児の母であり、趣味が裁縫や刺繍、韓国のテレビを見る事等、家庭的な一面も大変魅力です。

アーチェリー早川浪選手のフォーム(射形)動画

アーチェリー早川漣選手のプロフィールと射形

プロフィール

●早川漣選手について
早川漣選手は、1987年生まれの31歳で、大韓民国の全羅北道全州市の出身です。
早川漣選手の姉は、北京オリンピックにも出場した経験があるアーチェリー選手の早川浪選手です。
韓国国内の高校を卒業後、実業団へと進む予定でしたが、2007年に来日し、日本体育大学を卒業しました。
2009年に日本国籍を取得しました。
日本体育大学を卒業した2011年4月より長崎県の佐世保商業高校に在籍し、アーチェリー部の副顧問を務めていました。

●早川漣選手の主な成績など
2012年にはロンドンオリンピックにてオリンピックに初出場し、川中選手、蟹江選手と共に3位決定戦のロシア戦に勝利し、団体では日本初の銅メダルを獲得しました。
2015年にアーチェリーを引退することを表明しましたが、翌年の2016年には現役復帰をすることを宣言し、2020年に行われる東京オリンピックに日本代表として出場することを目指しています。

・大韓民国全州出身
・日本体育大学を卒業後、チョープロ・V・ファーレン長崎に所属
・2012年ロンドンオリンピックで、アーチェリー競技女子団体に出場、銅メダルを獲得する。

アーチェリーとの出会いは小学3年生の時でした。
2007年に母親が日本人と再婚したのを契機に来日し、日本体育大学に入学後、2009年に日本国籍を取得したため、4年生の時には日本代表に選ばれます。

2012年のロンドンオリンピックでは、川中香緒里、蟹江美貴とともに、女子団体戦に出場し、3位決定戦でロシアを破り、団体戦では男女通じて初の銅メダルを日本にもたらしました。

2015年3月には、右肩の故障を理由に現役引退の意向を表明します。その後、長崎国際大学で指導に当たっていましたが、現役復帰を望む声は多く、2016年4月に現役復帰を表明。
東京オリンピックでアーチェリー日本代表を目指すとしています。

アーチェリー早川漣選手のフォーム(射形)動画

アーチェリー林勇気選手のプロフィールと射形

ぷろふぃ0ル

今回はアーチェリー選手として有名なアーチェリー日本代表の林勇気選手についてお話したいと思います。

林勇気選手は1984年10月2日に兵庫県川西市生まれの日本の女性アーチェリー選手です。

名前だけですと男性と勘違いされる方もおられるかもしれませんが、女性アーチェリー選手です。

林勇気選手は幼少時に父が買ってくれたディズニー映画のビデオ「ロビン・フッド」に夢中になり、矢のおもちゃをねだったり、小学校の木工クラブで弓を自作するようになる。

アーチェリーを始めたのは松蔭中学校へ進学すると同時に入部しました。

2000年高校1年の時に開催された2000年シドニーオリンピックではシドニーオリンピック日本選手団のアーチェリーのコーチは当時兵庫県アーチェリー連盟理事長であった五百蔵正雄でした。

顔見知りの五百蔵さんをテレビにみた林さん初めて世界を意識することになりました。

高校卒業後は同支社大学へ進学しました。

2008年北京オリンピックの日本選手団に選ばれましたが、2011年秋に行われたロンドンオリンピックの選手会で不注意から右手首を負傷していたため、代表入りを逃しました。

しかし2016年リオデジャネイロオリンピックでは再び日本代表の座を獲得しました。

アーチェリー林勇気選手のフォーム(射形)動画

アーチェリー松下 紗耶未選手のプロフィールと射形

プロフィール

・1982年4月1日生まれ、大分県出身
・近畿大学法学部卒業
・身長169cm
・1998年 高校選抜優勝
・1999年 高校総体優勝
・2001年 全日本学生選手権優勝
・2002年 釜山アジア大会5位
・2003年 国体優勝
・2003年世界選手権で日本女子初の銀メダルを獲得
・2004年アテネオリンピックアーチェリー個人、団体日本代表。
・趣味は音楽を聴く事
・好きな音楽ジャンルは、R&B・HIP&HOP・レゲエ
・競技を始めたきっかけは親の強制入部。
・スポーツは苦手だったが、中学進学時にアーチェリー部に入部、中高一貫教育のため高校生と早くから練習を共に行い、めざましい成長を遂げられたようです。
・以前、テレビ番組で話していた事ですが、、大学時代にこんな「しきたり」があったそうです。
「大学のアーチェリー部はすごくしきたりが厳しくて、先輩に話し掛けられても『した』とか『ちわ』としか言えないんですよ。『ありがとうございました』の『した』、『ちわ』は『こんにちわ』の『ちわ』なんです。悪いことをしたりすると、みんな集められて2時間近く正座させられてました。」

1982年4月1日生まれ、大分県出身。
中学生の頃にアーチェリーを始め、明豊高校から近畿大学の法学部へと進学しました。
大学時代には国際大会でも活躍するなど頭角を現し、卒業後はアーチェリー選手としてミキハウスに所属しました。

元来、運動が得意なタイプではなかったという松下選手ですが、アーチェリーと出会ったことで学生時代にかけて目覚ましい成長を遂げ、高校に進学してからは高校総体での優勝を経験し、大学に進学したのちには全日本学生選手権での優勝や国体での優勝も経験しています。
大学在学中に出場したアジア大会では日本新記録まで出す選手へと成長しました。
翌年には団体として世界選手権にも出場し、2004年にはアーチェリー個人、また団体の選手としてアテネオリンピックへの初出場を果たしています。

国際大会に出場し、高いレベルでの戦いを繰り返してきたことで着実に実力を積み重ね、世界の舞台でも活躍できる選手に成長しています。

動画は、2011年全日本選手権 女子決勝 All Japan archery tournamentのものです

アーチェリー松下 紗耶未選手のフォーム(射形)動画