アーチェリーのドローイングのコツをまとめてみた

アーチェリーのコツ、第三弾です。

今回はドローイングのコツをまとめてみました。

アーチェリーのドローイングのコツ

セットアップを一定にする

セットアップの高さが変われば、ドローイングの軌道が変わります。

高くするほど引き尺が長くなり、早くクリッカーが切れます。

ドローイングが安定しない場合は、たいていセットアップが一定でないことが多いです。

ドローイングのスピードを一定にする。

早すぎず、ゆっくりすぎず。

とにかく一定のテンポ、スピードでドローイングしましょう。

そうすることで同じタイミングでクリッカーを切れるようになります。

引手の指には力を入れない。

引手の指は、できるだけ力を抜いて肘や背中で引く意識を持ちましょう。

もし、指に力が入ってしまう場合は、

  • そもそも筋力が足りていない。
  • あるいは取り掛けが浅すぎる

などが考えられます。

(関連記事:アーチェリーでリリースがはねる、膨らむ原因とは?

リリースするまでドローイングの意識を忘れない。

ドローイングして、アンカリングしているときに矢の先端が戻っている人がいます。

エイミングすることばかりに意識が集中してしまい、引く意識が無くなるため矢が戻っているのです。

リリースするまでドローイングの意識を保つようにしましょう。

(関連記事:アーチェリーのエイミングのコツ。安定して狙うには?

まとめ

  • セットアップを一定にする
  • ドローイングスピードを一定にする
  • 引手の指に力を入れない
  • リリースするまでドローイングの意識を無くさない

コメント

  1. […] (関連記事:アーチェリーのドローイングのコツをまとめてみた […]

  2. […] (関連記事:アーチェリーのドローイングのコツをまとめてみた […]

  3. […] (関連記事:アーチェリーのドローイングのコツをまとめてみた […]

  4. […] (関連記事:アーチェリーのドローイングのコツをまとめてみた […]