スポンサーリンク

アーチェリーでリリースがはねる、膨らむ原因、デッドリリースの直し方は

アーチェリー 上達 コツ

少しではありますが、アーチェリーのコツもアクセスがあるようですので、このままどんどん載せていこうかと思います。

 

スポンサーリンク

アーチェリーでリリースがはねる、膨らむ原因とは

正しいリリースの軌道を理解していない。

初心者に多いのですが、最初のうちは「正しいリリースの軌道」というものを理解していません。

ですので、自由にリリースしてしまうのです。

最短かつ、正しい軌道が身につくまでは多少強引でも良いので、正しい軌道でリリースすることを意識しましょう。

 

引きでの肩が上がっている。

引手の肩が上がっていると、骨格の関係で腕を体の前方に出すしかないため、手が跳ねます。

逆に十分に下がっていると、跳ねずに最短距離でリリースされます。

 

引手の取りかけが深すぎる。

引手の取り掛けが深いと、勢いよくリリースしようとして思い切り手を開きます。

その結果、はねるようなリリースになってしまいます。

 

引手に力を入れすぎている。

上と同じですが、力を入れれば入れるほど、思い切り手を開いてリリースしがちです。

(関連記事:アーチェリーのドローイングのコツをまとめてみた

 

引手の肘が前に出ている

いわいる矢筋が通っていない状況ですと、骨格上、膨らんでしまいます。

(関連記事:アーチェリーのドローイングのコツをまとめてみた

 

アンカーがセンター過ぎる

サイドアンカーではなく、センターアンカー気味ですと、矢筋が通りにくくなるため膨らみやすくなります

(関連記事:アーチェリーのアンカリングのコツをまとめてみた

 

アーチェリーのデッドリリースの直し方は?

アーチェリーでは気が抜けたようなリリースをデッドリリースと呼びます。

デッドリリースになってしまう原因と対策をまとめました。

クリッカーだけに集中しており、リリースで気が抜け。

クリッカーだけに集中してしまい、そのあとに油断してリリースすると全身の気が抜けてデッドリリースになります。

それでは本末転倒です。最後の最後まで気を抜かないようにしましょう。

 

リリース時に思い切り息を吐いている

基本的にアンカー、エイミング、リリースに至るまでは呼吸はしないでください。

デッドリリースになる人はセットアップで息を思い切り吸って、リリース時に思い切り吐いている人が多いです。

筋力が無いときや、疲れている場合は勢いでセットアップやドローイングをしてしまいがちなので、呼吸がおろそかになりやすいです。

気を付けましょう。

 

まとめ

  • 正しいリリースの軌道を理解していない
  • 引きでの肩が上がっている。
  • 引手の取りかけが深すぎる。
  • 引手に力を入れすぎている
  • 引手の肘が前に出ている
  • アンカーがセンター過ぎる
  • リリースで気が抜けている。

原則的にリリースが膨らんでしまう原因は、引き手の取り掛け、肘に原因があります。

どうしても膨らんでしまう場合は、ポンドを低くしたり、クリッカーを使わずにリリースしてみたり、色々と試してみましょう。

コメント

  1. […] (関連記事:アーチェリーでリリースがはねる、膨らむ原因とは? […]

  2. […] 移転しました→http://yohyama.com/39/ […]

  3. […] (関連記事:アーチェリーでリリースがはねる、膨らむ原因とは?) […]

タイトルとURLをコピーしました