スポンサーリンク

アーチェリーで上下左右に外れる原因と対策の考え方 

アーチェリー 上達 コツ

練習をしていると上下、左右に外れることがあります。

その原因と対策についてまとめました。

スポンサーリンク

アーチェリーで上下左右に外れる原因

まず、外れる原因としては以下のいくつか考えられます。

  1. 押し手
  2. 引き手
  3. 身体、顔
  4. 弓、矢などの道具
  5. 環境

一つ一つ見ていきましょう。

 

上下左右に外れる原因1、押し手

考えられる原因は以下のとおりです。

  • 的に対して弓を真っすぐ押せていない
  • 正確に弓のグリップを支えていない(ピボットポイントがズレている)
  • 弓のグリップが自分の手に合っていない
  • 弓が傾いたまま押している
  • 押し手の力がリリース時に抜ける
  • 押しすぎ、あるいはリリース時に腕を振っている

ちなみに風が吹いている状態、かつ弓が傾いていると矢が曲がって飛びます

Lars Andersen: Turning Arrows

 

関連記事:

 

上下左右に外れる原因2、引き手

考えられる原因は以下のとおりです。

  • リリースが膨らむ、下に出る
  • リリース時に指に力が入っている
  • 取りかけの時点で弦に余計な力を加えている
  • 指、またはタブの一部が矢に触れる

 

 

関連記事;

 

上下左右に外れる原因3、身体、顔

考えられる原因は以下のとおりです。

  • 体(肩のライン)が、的に対してズレている
  • 顔の向き、角度がズレている
  • 体が反っている、あるいは前傾、後傾している
  • 利き目と反対の目でエイミングしている
  • アンカーの位置が異なる
  • アンカリングの軌道が異なる
  • 弦サイトがズレている

 

 

関連記事:

 

上下左右に外れる原因4、弓矢などの道具

考えられる原因は以下のとおりです。

  • サイトがズレる(某社製のサイトに多い)
  • レストがズレている、壊れている
  • 弓のセンターショットがおかしい
  • 弓自体が曲がっている
  • 矢のスパインが合っていない
  • プランジャーの力が合っていない

 

 

関連記事:

 

上下左右に外れる原因5、環境

考えられる原因は以下のとおりです。

  • 射場(シューティングラインなど)がズレている
  • 強風が吹いている
  • 強い雨

 

矢が上下左右に外れる対策の考え方

とにかく色々な原因が関係してくるので、答えを出すのは難しいです。

一つ一つ地道に可能性を検討していきましょう。ここでは対策の考え方についてまとめます。

 

外れる傾向をつかむ

いきなり原因を特定のするのではなく、まずは外れる傾向をつかみましょう。

外れるケースと言っても色々な傾向があります。

  • 常に外れる
  • 最初(最後)の1本だけ外れる
  • 疲れてきたら外れる
  • 50mではなく30mで外れる
  • 6本のうちランダムで1本だけ外れる

まずは傾向を掴みましょう。

逆に傾向がつかめない場合は、いきなり射形(フォーム)を変えたり、道具を変えたりしないほうが良いです。

本来良かったはずのものまで悪くなったりするため、問題が複雑化していき、泥沼化します。

まずは問題が発生する傾向を掴みましょう。

傾向がつかめたら、一つずつ原因を潰していく

傾向がつかめたら、一つずつ原因を潰していきましょう。また、

修正するときは一度に修正するのではなく、一つずつ修正しましょう。

射形を変えつつ、道具も替えたりするのは止めましょう。

 

関連記事:

コメント

タイトルとURLをコピーしました