アーチェリーのエイミングのコツ。安定して狙うには?

アーチェリーのコツ、第三弾です。エイミングのコツについてまとめました。

アーチェリーのエイミングのコツ

焦点をサイトピンでなく、的に合わせる

目の焦点はあくまで的です。

ゴム鉄砲でも水鉄砲でも同じですが、基本的に的に焦点を合わせて狙いましょう。

アーチェリーで弓を引くことに精一杯になりすぎて、的を狙うことを忘れている人がたまにいます。

気を付けましょう。

どうしても焦点が的でなく、サイトピンにあってしまう人はリングサイト(サイトピンが無いサイト)を使ってみましょう。

的を狙う感覚がつかめるはずです。慣れてきたら、サイトピンありのサイトに戻しても大丈夫でしょう。

サイトピンの震えは気にしない。

サイトピンの揺れを小さくしようとして、押手が力んでしまう人がいます。

揺れを小さくしようとするのは辞めましょう。

的に向かって押手を押し続けるのがコツです。

30mでも90mでも同じように狙えるようにしよう。

距離が長くなるにつれて、妙に狙いすぎて、クリッカーが切れなくなる人がいます。

90mだからといって、30mのときより慎重になる必要はありません。

あくまでサイトと押手の角度が違うだけですので、必要以上に気張る必要はありません。

30mでも90mでも同じように狙えるようにしましょう。

リリースの後も的から視線を外さないように。

あなたが命の危機にあっているとします。

あなたの命を狙う怪獣に向けて矢を放つとすれば、リリースした後に怪獣から目を離すでしょうか?

そんなことしませんよね?

最後まで当たったかどうか気になって、視線が的に向いてるはずです。

押手も怪獣のいる方向に向かって伸びているはずです。

ですが、なぜかアーチェリーでは、矢を放った瞬間になぜか押手も視線も、あさっての方向を向いている人がいます。

それは辞めましょう。

最後の最後まで目で追いかけるぐらい集中しましょう。

(関連記事:アーチェリーでリリースがはねる、膨らむ原因とは?

まとめ

  • 焦点は的に。
  • サイトピンの震えは気にしない。
  • 30mでも90mでも同じように狙えるようにしよう。
  • リリースの後も的から視線を外さないように。

コメント