関連記事
スポンサーリンク

メンタルが弱いとはどういう意味? メンタルを強くする方法とは

「メンタルが弱い」と言われてしまうことがありますが、正直、「具体的にどのようなことを指すのか」が分からないですよね。

先輩や上司が言う、「メンタルが弱い」の意味についてまとめました。

スポンサーリンク

メンタルが弱いとはどういう意味?

メンタルの意味

一般的に「メンタル=精神面」を指します。

つまり、メンタルが弱いとは「精神面が弱い」と言うことですね。

メンタルが弱い人の性格、特徴

一般的には以下のような特徴を持つ人のことをメンタルが弱いと言います。

  • 慌てることが多い
  • 怒られたり、ミスすると落ち込んだり、投げやりになる
  • ミスを恐れる、積極的でない
  • 何事もにも自信無さそう、表情が暗い

そもそもメンタルが弱いと言われている人は「物事に対して感情的になりやすい癖、「物事を真面目にとらえすぎる癖」、「何事も自分のせいにしてしまう癖」があります。

ミスは誰にでもあることなのですが、感情的かつ真面目にとらえてしまい、さらに自分のせいにすることで「自分はダメだ、使えない人間だ」と拡大解釈してしまい、

その結果、必要以上に落ち込んでしまっているのです。

必要以上に落ち込むことが続くと、あらゆることに対してミスを恐れるようになります。

その結果、何事にも積極的でなくなり、自信が無さそうになり、表情が暗くなっているのです。

メンタルを強くする方法

メンタルを強くするには

  • 「物事に対して感情的になりやすい癖」
  • 「物事に対して真面目にとらえすぎる癖」
  • 「何事も自分のせいにしてしまう癖」

のいずれかを治す必要があります。

まず、物事に対して感情的になりやすい癖については「慣れること」で解消できます。

「普通の人なら悲惨な事故やけが人を見ると「うわー」となってしまいがちですが、医療関係者なら落ち着いて対処できる」ことと同じです。

プロのギャンブラーが常に落ち着いているのとも同じですね。

要するに「場数を踏むこと」で感情の起伏を抑えられます。

次に、物事に対して真面目にとらえすぎる癖については「手を抜くことを覚えること」で解消できます。

とは言っても、最初のうちは「どこで手を抜けばいいのか分からない」のがほとんどですので、これも場数を踏むしかありません。

最後に、何事も自分のせいにしてしまう癖については「少しは他人のせいにすること」で解消できます。

交通事故もそうですが、自分が100%悪いという状況はそこそこ無いのです。本当は相手も悪いことが多いのです。

メンタルが弱い人は「自分が悪い」という姿勢を見せてしまうため、相手が付け上がって「自分は悪くない」と思っているだけなのです。

ですので、「本当に自分だけが悪かったのか?」をよく考えてみましょう。

まとめ

メンタルの弱さは考え方の癖

  • 「物事に対して感情的になりやすい癖」
  • 「物事に対して真面目にとらえすぎる癖」
  • 「何事も自分のせいにしてしまう癖」

を解消することで克服できます!

ぜひとも試してみてくださいね!