スポンサーリンク

良い矢を放つための10の練習方法 | 海外記事翻訳シリーズ

アーチェリー 上達 コツ

最近、ネタが尽きてきたので海外の良さそうなアーチェリー記事の翻訳をしようかと思います。

トップコーチとプロが使用するアーチェリーのトレーニングテクニック。

そこにいるほとんどすべてのコーチは、たくさんの矢ではなく、実際に貴重な矢を射ることが非常に重要だと言うでしょう。しかし、どうすれば練習を価値のあるものに出来るでしょうか?

これらのエクササイズは、射撃を最大限に活用するために、世界クラスのアスリート(およびコーチ)によって実装されるテクニックの一部です。

 

1.タイミング

デンマークのコンパウンドアーチャー、マーティンダムスボは、マッチプレイのタイミングルーチンの練習を推奨しています。

クオリフィケーションラウンドで割り当てられた矢ごとに完全な40秒を費やすのではなく、20秒を使用するだけで(マッチのように)、架空の相手が射撃する間、交互に20ずつ待機します。

「また、矢印を消すために小さな窓があることを知っていると、風の中であなたを助けることができます」とダムスボは言います。

 

2.エイムオフ

風の強い状況では、アスリートは強い突風を補うために、または視界を動かして風が止まったときに、しばしばアスリートに狙いを定めます。文字通り、照準ピンをターゲット上の中央ではないポイントに向けるだけです。

「狙い撃ちの問題は、あなたの体が真ん中を狙いたいということです」と、成功したオランダ人男性のヘッドコーチ、ロン・ファン・デル・ホフは言います。

「9の端に照準を合わせる必要がある場合は、10に行きたいので、照準を合わせて練習する必要があります。」

 

3.空白のボス(近射の的のこと?)

ターゲットがインストールされていない短距離ターゲットマットは、アスリートが早朝にウォームアップするための国際的なイベントでは必須です。これは、一部のコーチがテクニックを変更するときに使用するセットアップです。

「それにより、彼らは自分が取り組んでいることに集中することができます」と、スロベニアのコーチMatija Zlenderは言います。

 

4.数量

多くの射手は、日々の終わりごとに6本、12本、または15本の矢を放ちます。ラウンドがより早く完了し、ターゲット上のグループを確認してリズムをとるより良い機会を与えます。

「そして、矢を集めるためにそれほど歩く必要はありません」(半)マイク・シュレッサーは冗談を言います。

 

5.高合計

「私たちは競技で1日にそれほど多くの矢を撃たないので、練習を複数のセッションに分割する必要があります」と英国のヘッドコーチ、リチャード・プリーストマンは言います。

毎日250〜300本以上の矢印を入れている場合でも、100ショット程度の異なる期間に分割する必要があります。

これにより、各練習セッションで、完全なウォームアップ、ウォームダウン、精神的リラクゼーションを間に含めることができ、数字のために数字を撮影するのではなく、テクニックに集中し、品質が高いことを確認できます。

「1日に3回、週5日、このようなセッションを撮影すると、15日間の練習ができます」とプリーストマンは付け加えます。

 

6.ストレッチバンド

あらゆる射撃セッションの前に、韓国のチームはストレッチエクササイズバンドでウォーミングアップしている人たちの1人です。また、射手が学ぶときにもよく使われています。

それは、機器、場所、矢印の着地について心配することなく、筋肉の動きをシミュレートする簡単で効果的な方法だからです。

 

7.状況を想定したアーチェリー

競技射撃のプレッシャーをシミュレートするのは難しいため、多くの射手は多くのトーナメントを射撃することに代わるものはないと言います。

オーストラリアのコーチ、Shih Ya Pingはチームを想像上のシナリオに置きます。

「この練習試合では、28代を撃つだけで済みます。私は彼らに目標を与えるので、彼らは実生活におけるプレッシャーを理解しています」と彼女は言います。

8.フォアマスター
ひじを引っ掛けて後ろに反らす弓のひもに取り付けるループ–描画フォームを練習したり、矢を放ったり(短い旅の後にひもを止める)ことができます。

肩の筋肉と背中の筋肉に適切な緊張を与えます。解剖学のこれらの部分が適切に作動しない場合、射手は射撃後に崩壊するためです。

 

9.コントロール

いくつかの一般的な知恵に反して、多くの場合、トップリカーブアーチャーはショットを実行するタイミングを選択します。世界のイベントでラインで見られる練習テクニックは、弓を持ち上げる前に射手に番号を伝えるコーチを伴います。

フルドローになったら、コーチは1からカウントを開始し、アーチャーが前に選んだ数字に達したときにアーチャーがリリースすることを期待し、アーチャーのクリッカーと実行フェーズを完全に制御できることを示します。

 

10.努力

「矢を放つことほど良いものはありません…」

…そして、マイク・シュレッサーは知っておくべきです。彼は1日150〜200発で撮影しますが、屋内シーズンでの増加は、彼が自分の言葉では十分に練習しているように感じられなかったためです。

しかし、これらの矢印のそれぞれが最大限の努力で撃たれます。

ヒュンダイアーチェリーワールドカップの第1ステージは、4月23〜29日に中国の上海で開催されます。

(引用:https://worldarchery.org/news/157503/10-practice-methods-shoot-better-arrows

 

スポンサーリンク

まとめ

ちょっと訳してみたものの分かりづらい箇所がありましたが、だいたい感じはつかめたと思います。

全体的に大会、試合での本番を想定した練習方法の紹介でした。日ごろの練習でも本番を意識した練習を行ってみると緊張感が出て実りのある練習になるかと思います!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました