スポンサーリンク

アーチェリースタンス–適切なフォームで撃つための学習

スタンスについてです。

このレッスンでは、弓から矢を放つ最初のステップを学びます。これは、学ぶべき最も重要なことであるスタンスです。 アーチェリーのスタンスは重要です。安定性を維持するために必要です。これは、必要な回転とアライメントを得るのに役立ちます。適切なフォームがなければ、必要なパワーを得るのに苦労します。

目標に向かって立つと、「射線」に立ちます。 したがって、このレッスンでは、ターゲットから安全な距離にあり、射撃線を指示するために何かを使用していると仮定します。 射撃線はターゲットの顔に平行でなければならず、通常は色付きの線またはロープとして表示されます。

スポンサーリンク

良い姿勢の基礎

良いアーチェリーのスタンスを開発するために、あなたはすべきです;

  • 肩と同じ幅の足でまっすぐ立ちます
  • 体重を両足に均等に配分します(だから、どちらかに傾かないようにします)
  • 膝をロックしたり曲げたりせず、足をリラックスさせてください
  • 肩をリラックスさせて背中をまっすぐにします
  • 前方または後方に傾かないようにしてください(弓が重いと感じる人が多いので、これを補ってください。これをしないでください)

4つのスタンス

アーチェリーの練習を始めたとき、あなたは一つのスタンスに固執したくなるでしょう。 多くの場合、これはスクエアスタンスになります。これは、全体的なテクニックを改善するのに役立ち、スタンスを変更するだけでショットを完全に変更できるため、重要です。

4つのスタンスは次のとおりです。

スクエアスタンス

 

このアーチェリーのスタンスは最も一般的であり、最初に慣れる必要があります。 これは、このスタンスを使用するプロの射手をよく見かけるため、使用をやめたいという意味ではありません。

弓のアーム側をターゲットに最も近づけて、ターゲットの側に立ちます。 左手で弓を持っている場合は左脚が近くなります。右手で弓を持っている場合は、右脚がターゲットに最も近い状態で反対向きになります。

足はターゲットに対して垂直になり、腰と肩は横になります。

オープンスタンス

 

これは正方形のスタンスに非常に似ていますが、ターゲットに最も近い足(前足)がターゲットに向かって少し外側に向いています。 足を回す量は個人によって異なりますが、通常は25〜30度です。 これを行うことにより、肩と腰がよりターゲットに向かって開くことがわかります。

正方形のスタンスで肩を引っ張るのに苦労する場合は、オープンスタンスを使用すると簡単になります。 これは、弓が胸部からさらに離れており、背中の筋肉の使用を改善するのに役立つためです。

このアーチェリーのスタンスは、立っているときに自然に感じられるため、非常に人気があります。 屋外でたくさん撮影する予定がある場合、これは安定性を向上させるために適応するスタンスかもしれません。

ナチュラルスタンス

 

開いた姿勢に満足しているが、ターゲットにもう少し向きたい場合は、自然な姿勢が理想的です。 このスタンスは、オープンバージョンの進化であり、ターゲットに向かって前足だけでなく、後ろ足もターゲットにわずかに向いています。

後ろ足のこの追加の動きにより、腰と肩がもう少し回転し、胸と腕との間に隙間ができます。

閉じた姿勢

 

このスタンスは、開いたスタンスの反対であり、前足はターゲットの側面にありますが、後足はターゲットから離れた位置にあります。 もう少しドローの長さが必要だと感じたら、これは試してみるのに良いスタンスかもしれません。 これは、肩と腰がターゲットから遠ざかっており、その結果、腕が余分に伸びて弓が完全に引き出されているためです。

このスタンスはショットにより強い力を生み出すと信じている人もいますが、胸部と腕に近いと、弦からの追加の打撲傷にさらされます。

あなたはどのスタンスをすべきですか?

これは本当にあなた次第であり、あなたが感じるものはより快適であり、最終的にあなたに最高のショットを与えるでしょう。 最初に正方形のスタンスから始めて、フォームに慣れるまでこれに固執することをお勧めします。 私たちは皆異なっているので、私が快適だと思うかもしれませんが、あなたはそうではないかもしれません。

アーチェリーのスタンスを改善するためのヒント

すでに述べたように、正しい姿勢をとることは、弓を完全に引くための鍵です。 これは、ショットの強さと精度に影響します。 理想的には、自分のスタンスに焦点を当て、足がどこにあるか、どのように感じているかに注意を払いながら、2、3のレッスンを使いたいと考えています。 以下は、改善に役立つ3つのヒントです。

ヒント#1 –繰り返し、繰り返し、繰り返し

通常、最初の数回のセッションでは、おそらく30本ほどの矢を放つことができます。その後、腕が痛くなり始めます。 ターゲットに立ち向かうときは、自分の足がどこにあるかを考え、自分の位置と姿勢を考えてください。 これを1〜2時間行うと、すぐに筋肉の記憶が作動し、それについて考えずにそれを開始することがわかります。

ヒント#2 –フォーカス

アーチェリーをするとき、すべてのステップを正しくすることに集中することが重要です。 単純に線に上がって矢印を放つと、フォームが滑ってしまい、徐々に姿勢が正しくないことがわかります。

ヒント#3 –可能な限り範囲外で練習する

正しく立つ方法を練習するためにターゲットの前にいる必要はありません。手で弓を使わずに自宅で簡単に行うことができます。 必要なのは、物理的なオブジェクトであろうと架空のラインであろうと、射撃線として機能するものです。 まるでお辞儀をして立っているかのように自分を設定し、1日5分間これを行うと、劇的な改善が見られます。

また、背の高い鏡の前でこれを行うことをお勧めします。これにより、自分のスタンスで問題を確認できます。

Archery Stance - Learning To Shoot With Proper Form | The Archery Guide
Archery Stance is am important step in learning archery, this lesson will teach you proper form. This is step one of the basic archery course

コメント

タイトルとURLをコピーしました