スポンサーリンク

ドローイング

この5番目のレッスンでは、弦を引き戻すことに焦点を当てるので、より刺激的になります。 考えるべきことがいくつかあります。

  • 弓の描き方
  • 弓を引いている腕の正しい位置合わせ
  • 肘と肩を配置する場所

アーチェリーに慣れていない人の多くは、このステップを少し難しく感じています。 肘を突き出すべきでないところを突き出したり、実際に間違った筋肉で弦を引っ張ったりするのは簡単です(疲れやすくなります)

スポンサーリンク

前のステップを復習しましょう

前と同じように、この次のステップを始める前に、いくつかのことを確認したいだけです。

現時点では、グリップの周りに指を置いてリラックスした状態で、弓を手に持っている必要があります。 (親指はターゲットに向いている必要があります)。 また、ドローイングアームで弦を少し引き戻します。

グリップが変わったことがわかった場合は、弦の引き方を減らしてグリップを修正し、再起動します。 あなたのスタンスが少し動いたことに気づいたら、これも行うべきです。

弦を完全に引き戻す前に、弓を支えて持ち上げられている腕を見てください。 肩を押し下げてはいけませんが、同時に肩を大きく上げてはいけません。 腕から手から肩まで直線であることを確認してください。

弦を完全に引き出すには、胸が正しく配置されていることも確認する必要があります。 胸はターゲットに向いてはならず、代わりにターゲットに対して垂直になるように回転させる必要があります。 (基本的に矢印軸に平行)

弦を引くステップバイステップ

  • 弓が上がったので、弦を顔の側面に引き戻します。 それはあなたの鼻のすぐ上で始まり、あなたはそれをまっすぐに引き戻すべきであり、そして終了位置はあなたの顔の側面になるでしょう。
  • 腕の筋肉で弦を引き戻すことは非常に一般的です。これを行うと、疲れが早くなるだけでなく、筋肉がより痛くなることがわかります。
  • 弦を後ろに引くと、肩も上下に動きます。 これにより、背中の筋肉と肩甲骨の筋肉が引き継がれます。これらの筋肉が大きいため、弦を完全に引き戻すことができます。
  • 最後に、弦を引き戻した肘を引き、矢に沿ったように後ろに置きます。 それを視覚化するには、肘の先端から矢印の端まで直線を描くことができるはずです。

アンカーポイント

弦を口に引き戻すことについて言及しましたが、一貫したショットを得るためには毎回弦を同じ場所に配置する必要があります。これを行うには、アンカーポイントを見つけます。

アンカーポイントとは

アーチェリーに関して最も重要なことの1つは一貫性です。完璧なショットを取得して複製する場合、理論的にはショットを繰り返す必要があります。 十分な描画を行わない、または各ショットを同じ場所に弦を配置しないなどの非常に小さな変更を行うと、ショットの精度とパワーが変わります。

アンカーポイントは、基本的に、弦を引き戻すときに人差し指を置くポイントです。 アンカーポイントがあることで、毎回同じ位置に弦を配置することができます。

以下に最も一般的な2つのアンカーポイントを示します。最初のアンカーポイントは初心者にとってより簡単です。 2番目の方法はもう少し高度ですが、個人的にはこの方法のほうがはるかに簡単だと感じています。

基本的なアンカーポイント-初心者に最適

  • 弦を引き戻すとき、顔の側面を通過するはずです。人差し指の先端が口の角にくるまで引き戻します。
  • 親指が手のひらに押し込まれているが、まだリラックスしていることを確認してください。
  • 小指をリラックスさせたまま、手のひらに入れて邪魔にならないようにします。
  • 弦を手に持って、顔の側面に押し付けます。 人差し指を口の角に当ててください。
  • 実際の弦は鼻の横に配置されます

代替アンカーポイント

  • 前述のように、上記の方法は初心者向けですが、この方法はもう少し高度です。 個人的には、この方法では、描画する手のひじをもう少し引き戻すことができ、ターゲットに向かってまっすぐな線を形成することができます。
  • 弦を後ろに引き、人差し指が顎の下と口の下にくるように弦を少し下げます。 (前のアンカーポイントからあごの下までの線を想像してください)
  • 親指を手のひらに押し込み、小指をリラックスさせ、弦に触れないようにします。
  • 人差し指をあごに押し付けて完全に平らになっていることを確認してください。
    弦は自然に鼻の中央とあごの中央に落ちます。

両方を試してみて、どちらが最も快適であるかを確認してください。2つの間に正しい方法も間違った方法もありません。

これで弓が完全に描画されました。次のレッスンでは、ターゲットに照準を合わせることに焦点を当てます。

Archery Drawing - How To Draw The Bowstring Back | The Archery Guide
In this fifth lesson, it starts getting more exciting as we are now going to be focusing on drawing the bowstring back. There are a few things you need to think...

コメント

タイトルとURLをコピーしました