スポンサーリンク

上半身の強さを改善する7つの演習

アーチェリーはとても楽しく、非常に中毒性があります。ターゲットアーチェリーを開始するとすぐに夢中になりました。 また、集中力の向上、手と目の協調、メンタルフィットネスの向上にも役立つことをご存知ですか。 アーチェリーは、弓を引き続けるために必要な重量のために、フィットネスと強度を改善したい人にも最適です。 これらすべての矢を集めるのに必要な歩行の量を含まない。

この記事の目的は、肩、上背部、腕の強度を高めるのに役立つ7つの優れた上半身のエクササイズを共有することです。 自宅でダンベルを使って行うことができるため、これらのエクササイズを選択しました。したがって、ジムに行く必要はありません。 –私はすべての自由な時間を費やしています…そしてアーチェリーにお金を費やしていますが、ジムに行く時間もありません!

なぜ筋力トレーニングがアーチェリーに役立つのですか?

最初にアーチェリーを始めたとき、私は撃つためにidに大きな力が必要だとは思いませんでした。少年は間違っていました。 弓を引き続け、狙い通りに引いたまま、腕とほとんど肩を動かしました。 数時間のセッションの終わりに向かって、私は自分の力のために弓を効果的に狙うのに苦労しました。

上半身を鍛えることで、引き分けをうまく処理できるだけでなく、強度とスタミナを高めて、より効果的に狙いを定めることができます。 簡単に言えば、これらのアーチェリーの練習は、あなたがあなたのショットをより良くコントロールし、あなたがより長く撃つことができるようにするのに役立ちます!

おすすめの弓をお探しですか? 反り返り弓または複合弓購入ガイドを確認する
スポンサーリンク

上半身の強さのための7つのアーチェリーの練習

アーチェリーを改善するためにできるさまざまなエクササイズがありますが、上半身に焦点を当ててこれらを選択しました。 (下半身も同様に重要ですが、それは別の日です)。 前述のように、私は自宅でできるエクササイズを好みますが、理想的には多くの機器を使用しません。

演習に入る前に、演習を最大限に活用するためのヒントをいくつか紹介します。

ヒント1:重量

筋肉を鍛え、筋肉を鍛えたいのであれば、サイズを増やしたくありません。 重りを持ち上げると重くなるというのはよくある神話ですが、そうではありません。 筋力を構築するための鍵は、軽量ではあるが高い担当者を持ち上げることであり、筋肉は高い重量で低い担当者を持ち上げることによって構築されます。 したがって、快適に持ち上げることができるが、それでも感じる重量を選択してください。 あなたがすべての担当者を行うことができない場合は、低体重に行きます

ヒント2:担当者

担当者は、運動を実行する回数です。 強度を改善するために、通常10〜12回繰り返します。 あなたが筋肉量を構築する場合、あなたは(運動に応じて)約6回を行う傾向があります

ヒント3:セット

セットは、担当者が行う回数です。 私はしばしば各トレーニングを3セット行い、各セットの間に1分間の休憩をとります。

演習1:片腕のダンベル列–戻る

この演習は、背中の中央を強化するのに役立つため、選ばれました。 アーチェリーをするときは肩を使いますが、背中の筋肉も重要な役割を果たします。 背中の強度を上げると、ショットをコントロールするのに非常に役立ちます。 このエクササイズは、弓を引く効果も模倣するため、実際には非常によく似た筋肉を使用します。

  • 平らな面に足を置き、上半身が床と一直線になるように胴体を曲げます。
  • 背中をまっすぐにして、もう一方の手でダンベルを持ち上げ、腕をまっすぐにします
  • 胸に合わせて重さを引き上げ、ゆっくりと腕をまっすぐ伸ばします。
  • すべての担当者に対して繰り返し、反対側で行います

演習2:ダンベルシュラグ-戻る

ダンベル肩をすくめることは、僧帽筋の強化に役立つ素晴らしい運動です。 この筋肉は、背中の中央、肩甲骨の間にあります。

  • 各手にダンベルをつけて背が高く立ち上がる
  • 腕をまっすぐに保ち、肩を持ち上げてから、腕を下げます
  • すべての担当者について繰り返します
  • ヒント:ダンベルを手にすくめてください

演習3:片腕の側面-肩

肩は射手を行う際に焦点を合わせる重要な筋肉であり、これは非常に簡単なエクササイズです。 ダンベルを使用するのは、この記事で唯一の肩のエクササイズです。

  • 片手でダンベルを持ち、もう片方の手でベンチなどを運動させるためにテーブルなどの表面をつかむ
  • 体を完全に真っ直ぐに保ち、ダンベルを徐々に横に持ち上げます
  • 肘を少し曲げて、腕が床と一直線になるまで持ち上げます
  • ゆっくりと体重を減らし、すべての担当者に対して繰り返します
  • 片側を終了したら、同じ量の担当者に対して反対側を実行します

演習4:腕立て伏せ–肩/胸

腕立て伏せはアーチェリーの優れたエクササイズです。肩を強化するのに役立つだけでなく、上腕と胸にも役立ちます。 また、機器を必要とせず、自宅で簡単に行うことができるため、優れています。 プッシュアップにはさまざまなエクササイズがありますが、初心者の場合は基本的なプッシュアップを行うことをお勧めします。

  • 腕を肩幅に広げた状態で床に置き、つま先と腕を伸ばした先になりたい
  • 胸が床にほぼ触れるまで肘を曲げてゆっくりと体を下げます
  • しばらく待ってから、開始位置まで体を押し戻します
  • 必要な担当者の量を繰り返します。

演習5:プルアップ-肩

プルアップは優れたトレーニングですが、同時に困難な場合もあります。 ある程度上半身の力が必要なので、それができない場合は練習を続け、最終的にはうまくやることができます。 ベンチディップなどのエクササイズを行うと、latが上がると上半身の強度が向上します。

  • 手のひらを前に向けてバーをつかみ、腕をまっすぐにします
  • 胸がバーと一直線になるまで胴体を引き上げます
  • 少し待ってから、徐々に自分を下げます
  • これは1つの担当者です–必要な担当者に対して繰り返します
プルアップに苦労する場合は、あごを上げることから始めてください。

演習6:ベンチディップ-腕(上腕三頭筋)

これは、機器を使わずに自宅で行うことができるもう1つのエクササイズです。信じられないほど簡単に行え、上腕三頭筋の強化に役立ちます。 これは、肩のすぐ下の腕の後ろの筋肉です。

  • ベンチ、テーブル、または椅子をあなたの後ろに置き、それから目をそらして手で端をつかみます
  • 腕を完全に伸ばし、足を前に伸ばします。
  • 上腕と前腕が90度の角度になるまで、肘でゆっくりと体を下げます
  • 上腕三頭筋で自分を押し上げる
  • 必要な担当者に対して繰り返します

演習7:ダンベル代替上腕二頭筋カール–腕(上腕二頭筋)

最後のエクササイズは、上腕二頭筋を強化することです。これにより、より高いドローウェイトを引き出すことができます。

  • あなたの側に腕の長さでダンベルを保持
  • 上腕を動かさないようにし、体重が肩と一直線になるまで持ち上げます
  • 重量をゆっくりと開始位置まで下げます
  • もう一方の腕についても繰り返します

これらのアーチェリーの7つのエクササイズは完璧です。上半身を強化して、ターゲットをよりよく打ち、スタミナを向上させるのに役立ちます。 前述したように、これらはすべて初心者にとって非常に簡単ですが、同時に素晴らしい結果が得られるため、これらを選択しました。 プルアップ以外に必要な機器はダンベルだけで、ご自宅で快適に行えます。

7をすべて実行する必要はありません。定期的に5つの異なるエクササイズを行うことをお勧めします。 また、体のさまざまな部分を機能させるために、数日運動を交互に行うことをお勧めします。

7 Exercises For Archery To Improve Upper Body Strength
Upper body strength can help with accuracy as well as stamina when it comes to archery. These 7 archery exercises are perfect to boost strength levels

コメント

タイトルとURLをコピーしました