スポンサーリンク

アーチェリーで正しいフォームを身に着ける方法

アーチェリー 上達 コツ

アーチェリーで正しいフォームを身に着けるためにはどうしたらよいでしょうか?

大事なポイントをまとめました。

 

スポンサーリンク

アーチェリーで正しいフォームを身に着ける方法

筋力を付けよう

アーチェリーの試合は基本的に72射行います。瞬間的な筋力を使うことはありませんが、連続的に筋肉を使います。練習不足ですが、最後のほうには腕がプルプルと振るえてしまいます。

72射は余裕でこなせるくらいの筋力を付けましょう。

 

関連記事:

日々の反省(アーチェリーノート)をまとめよう

「考えるな、感じろ」とか「頭ではなく、体で覚えろ」とは言いますが、意識して体を動かさないと体で覚えません。

無意識で体が動くまでには「意識して反復して体を動かすことが大事」です。

言われたことを忘れないためにも、日々の反省を兼ねて「アーチェリーノート」を作りましょう。

具体的には

  • 他人からアドバイスされたこと
  • 他人から指摘されたフォームの癖
    • その癖が出てしまう原因
    • その癖を直すために方法またはアイデア
  • 自分で試してみて成功したこと、失敗したこと
  • セッティングに関すること
    • ストリングハイト
    • サイトの目盛り
    • プランジャーの堅さ

など、気が付いたことは出来るだけまとめておきましょう。

調子が悪くなったり、感覚が変わってきたときにすぐに元に戻すときに役に立ちます。

 

関連記事:

自分のフォームを動画に録画して、他の人のフォームと比較してみよう

今はスマホで動画を簡単に取ることが出来ます。自分のフォームを録画しましょう。

また、上級者のフォームを見て良いところを盗む目を養うことも大事です。

上級者のフォームを見た後に、自分のフォームを見ると色々な発見があると思います。

その発見が上達につながります。

 

関連記事:

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました