スポンサーリンク

アーチェリーのグリップの押し方は? 自作加工、巻き方は?

アーチェリー 上達 コツ

アーチェリーでは押し手のグリップの使い方が大事です。

 

スポンサーリンク

アーチェリーのグリップの押し方は? 加工、巻き方は?

グリップの押し方は?

よく「ピポットポイントを押す」と言われますが、大事なのは「押し手と引き手の力のバランス」です。

押し方は弓の形(メーカー)と人の手の形によって感覚が非常に変わります。

大事なことは

  • 72射全部、同じように押すことが出来る、疲れない
  • 押し手が震えない、肩がつまらない
  • クリッカーを使いやすい(力を入れなくてもクリッカーを使える)
  • リリース後に弓が的に向かって飛び出す、横にブレたりしない

の4つです。

 

関連記事;

 

グリップの自作加工、巻き方は?

Pieces of recurve archery kit everyone should customise

動画でおっしゃているように、

削ったり、パテで埋めることでグリップをカスタマイズしています。

A to Z of Archery: The grip

グリップの自作加工のやりかたは?

Custom DIY Recurve or Compound Bow Grip

こちらの動画が分かりやすいです。パテの盛り方を紹介しています。

 

archerych – coach Kim lectures- 5 of 7- grip.mpg

ちょっと字幕が無いので分かりづらいですが、こちらも参考になります。

 

グリップの巻き方は?

Wrapping a bow grip with overgrip tape – Crisscross technique
How to Wrap an Olympic Recurve Bow Grip

こちらの動画が非常にわかりやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました